学園の歩み

(1965)昭和40年11月 各種学校 中央予備校の設置が認可される
(1966)昭和41年4月 各種学校 中央予備校が開校される
(1966)昭和41年12月 準学校法人 浦山学園が認可される
(1968)昭和43年4月 各種学校 中央経済専門学校が開校される
(1970)昭和45年4月 中央経済専門学校が富山経済専門学校へ校名変更する
(1972)昭和47年4月 中央予備校富山校が開校される
(1976)昭和51年4月 中央予備校金沢校が開校される
(1976)昭和51年4月 各種学校 富山経済専門学校が専修学校として認可される
(1976)昭和51年5月 富山経済専門学校に商業実務専門課程の設置が認可される
(1980)昭和55年7月 中央予備校金沢校を金沢中央予備校へ校名変更する
(1982)昭和57年4月 中央予備校が高岡市駅南へ移転し、中央予備校高岡校として開校
(1988)昭和63年7月 富山経済専門学校に文化教養専門課程の設置が認可される
(1996)平成8年12月 準学校法人浦山学園が学校法人として認可される
(1996)平成8年12月 富山福祉短期大学の設置が認可される
(1997)平成9年4月 富山福祉短期大学社会福祉学科が開学される (入学定員100名)
(2002)平成14年4月 富山福祉短期大学社会福祉学科に社会福祉専攻(入学定員100名)、介護福祉専攻(入学定員50名)の課程が設置される
(2002)平成14年4月 富山経済専門学校を富山情報ビジネス専門学校へ校名を変更する。工業専門課程、教育・社会福祉専門課程が設置される
(2002)平成14年4月 富山中央学院が開校される
(2004)平成16年4月 富山福祉短期大学社会福祉学科に社会福祉専攻(入学定員50名)、介護福祉専攻(入学定員50名)、児童福祉専攻(入学定員50名)の課程が設置される
(2006)平成18年3月 富山福祉短期大学社会福祉学科児童福祉専攻において、保育士養成課程に加え、幼稚園二種免許教職課程が認可される
(2007)平成19年3月 富山中央学院の廃止が認可される
(2007)平成19年12月 富山福祉短期大学看護学科の設置が認可される(入学定員80名)
(2008)平成20年4月 富山福祉短期大学看護学科が設置される
(2009)平成21年4月 富山福祉短期大学幼児教育学科の設置が認可される(入学定員50名)
(2010)平成22年4月 富山福祉短期大学幼児教育学科が設置される(社会福祉学科児童福祉専攻募集停止)
(2013)平成25年3月 富山福祉短期大学訪問看護ステーションの設置が認可される
富山情報ビジネス専門学校幼児教育学科の設置が認可される
(入学定員30名 厚生労働省指定保育士養成施設)
(2015)平成27年3月 中央予備校富山校授業停止届(平成27年度募集停止)
(2016)平成28年11月 中央予備校富山校廃校認可
(2016)平成28年12月 浦山学園創立50周年を迎える
(2018)平成30年3月 地学一体による地域課題解決拠点として教育・研究機関USP竣工
(2020)令和2年4月 富山福祉短期大学国際観光学科(入学定員30名)が設置される


ページトップへ

学校法人 浦山学園 学園本部 〒939-0341 富山県射水市三ケ613
TEL:0766-55-3977(代)/FAX:0766-55-3807
E-mail:info@urayama.ac.jp